2回目の思春期を乗り越えて‥

40代って内面にいろんな変化が

起きると言われている年代ですよよね。

 

スイスの精神科医で心理療法家であった

カール・グスタフ・ユングも

子供から大人になる時思春期があるように

中年期の大人にも深刻で大きな

アイデンティティの崩壊と再構築を

経験するといっています。

 

それはまるで2回目の思春期のように

誰にでも訪れるらしい。

 

今まで信じてきた価値観や

大切にしていたものが

土台から崩れてしまうような

体験をする人も多いようです

 

結婚が全てと信じてきた人は

自分らしく生きたいと思い始めたり

自立したいと思い始めたり

 

大好きな仕事を生きがいに

自立した人生を送ってきた人は

ふとこれでいいのだろうか?

結婚は?子供は?と

自分の人生を振り返り始めたり

 

この時期は今まで経験してこなかった

もう一つの自分の人生を惜しんで

内面で葛藤が起きる時期らしいのです

 

これをミッドライフクライシスといい

心身の不調をきたす人も多いとか。

 

この時期本気で自分に向き合って

自分なりの答えを出しておくことが重要で

もし折り合いをつけられずにいたら

一生後悔の人生を送ると言われていています。

 

この時期女性は更年期とも重なって

男性よりも苦しい時期になります

 

もちろんわたしもこの時期を経験しています。

そしてお客さまも40~50代が一番多いので

たくさんの苦しみながら変化しながら

自分なりの答えを出していく人を

たくさん見てきました。

 

 

若い時はそれだけで輝いているけど

更年期を過ぎてもそれなりにいい顔している人

素敵に輝いている人というのは

そこを強くしなやかに乗り越えて

 

この先どう生きるかの哲学を

自分なりに持って生きている人だったり

 

自分の人生に責任を持っている人だったり

自分を大切にしている人だったりします

 

この大きな転換期を乗り越えて

自分なりの生き方を見つけたからこそ

若いだけの美しさではなく

深みのある美しさを醸し出せるのだと思います

 

そういう内面はどうやってもオーラに出ますからね。

 

自分の人生に向き合っている人は

肌のお手入れも怠りません(笑)

 

素敵な人生の後半にしたいですよね。