表情筋とSMAS(スマス)筋膜にアプローチ

マスク生活などで表情を作ることが減ると表情筋が衰えてきます。表情筋を動かすことが少なくなると血流やリンパの流れも滞るので、SMAS筋膜に栄養が届かなくなり、筋膜の古いコラーゲンの代謝がわるくなりはり弾力がなくなってしまいます。

表情筋は全体が一つの大きなSMAS筋膜によって覆われているので、ハリを保つことができなくなったSMAS筋膜に引っ付いて一体となっている皮下脂肪や皮膚も重力によって下がってしまいます。

レンカの整顔フェイシャルは、動きの悪くなった部分の表情筋と筋膜を優しくマッサージすることで血流やリンパの流れを改善し、筋膜内の古いコラーゲンの代謝をうながして新しいハリのある正常な筋膜に戻します。

①リンパの滞りや血液循環が改善
②線維芽細胞の働きを活性化する
③はりのある筋膜をつくる

血液とリンパが顔の隅々までの流れるようになりはりのある筋膜をつくり、るみが改善。筋肉と筋膜の動きもよくなるので明るく豊かな表情をつくれるようになります。

 美点(リガメント)にアプローチ

お顔は表皮・真皮・脂肪・SMAS(スマス)という筋膜・表情筋がぴったり引っ付いて一体になってできています。そしてリガメントという靭帯が、骨に脂肪・筋肉・皮膚をつなげておく接着剤の役割を果たしています。

このリガメントも弾力を失うことで顔が重力に負けて下がってしまったり、接着部分がゆるくなることでゴルゴ線やほうれい線の原因になります。

リガメントはSMAS筋膜同様コラーゲンでできいているので、やさしくほぐし、血流を良くして強化することによって顔全体を引き上げます。

目元のたるみには
・眼輪筋リガメント・側頭筋リガメント・眼窩下リガメント

中顔面のたるみには
・側頭筋リガメント
・頬骨リガメント
・上咬筋目咬筋リガメント

ほうれい線には
・頬骨リガメント・上咬筋リガメント

マリオネット線には
・咬筋リガメント・下顎リガメント

リフトアップには重要な美点を強化することで、メスを入れなくても戻らない上向き顔をつくりましょう。

 お顔を支えている、頭・首・肩・背中の筋肉と筋膜にもアプローチします。

口元からフェイスライン~首の前面の広頸筋の筋膜までひとつづきSMAS筋膜です。

お顔の筋肉は耳の上にある側頭筋、頭のてっぺんにある帽状腱膜と繋がっているので、頭皮のこりや固さはそのままお顔のたるみやシワに影響します。

スマホを見ている姿勢やリュックサックを背負ったようなあごが突き出ている猫背姿勢もお顔前面の筋肉と筋膜を下方向に引っ張り、お顔のたるみやシワや老け顔に影響しています。

ですのでお顔を支えている頭・首・肩・胸・背中の筋肉と筋膜にもアプローチすることでリフトアップの効果がさらに続きます。

  • 姿勢の改善
  • 顔全体が引き上がる
  • 頭のコリが解消することで自律神経の乱れが改善、脳の疲れや睡眠が改善されたりと美容だけでなく嬉しいシナジー効果得られます。

お顔全体がリフトアップしシワやたるみ老け顔が改善するだけでなく、体調も気持ちも上向きに変化します。

 

30代 整顔フェイシャル

血液とリンパが顔の隅々までの流れるようになり、筋肉と筋膜の動きもよくなるので明るく豊かな表情をつくれるようになります。

筋肉の性質上1回の施術でも効果は出ますが元に戻ります。回を重ねるごとにリンパの滞りや血液循環が改善することで古いコラーゲンの代謝がよくなり新しく強くしなやかな筋膜やリガメントになってくるので施術の効果が戻りにくくなり肌につやも出てきます。