スピリチュアルに生きる

27日で53歳になります。

人生はこれからだわ♪

 

いきなりですが

私はスピリチュアルに生きています!

 

というのも…。もともと

感覚的に物事の真相を瞬時に感じとる力?

けっこう鋭くて

 

自分の中でもその感覚を

とっても大切にして

生きて来たところがあります。

 

もちろんその感覚は

経営にも生かされていますよ♪

 

それは霊感というのではなく

直感?というものだと思います。

 

根拠はわからないけど

なんとなくうまく行く事がわかる!

ひらめいたアイディアを

やってみたらやっぱりうまくいった!

タイミングがなんとなくかわかるとか

たくさんの気づきがあるとか

そんな感覚です。

 

それはスピリチュアル的には

第六チャクラが開いているという

ことのようです。

 

そんなこともあり

スピリチュアルは小さいころから

ごく当たり前の身近なことだったりします。

第6チャクラから良い情報を得るには

自分のエネルギーをクリアにして

思考のエネルギーを軽くして

直感を受け取りやすくする

エネルギーワークも欠かせません。

 

時々信頼のおけるエネルギーワーカーさんに

エネルギーチェックしてもらいに

行ったりも しています。

 

本来の自分を見失っていないか?

情報に翻弄されていないか?

他人のエネルギーがついていないか?

コードがついていないか?など

 

自分ではわかりにくいところを

チェックしてもらいます。

 

第六チャクラから情報を受けとるために

いつも自分自身を見失わず

クリアな自分であり続ける必要があります。

 

クリアな状態でいるためには

エネルギーワークのほかに

時には美味しいものを食べたり

マッサージをうけてリラックスしたり

好きなことをすることもあります♪

 

悩んだり、考えたり分析したり

頑張ったりすることは

エネルギーの流れが悪くなり

物事の実現が遅くなります。

 

また忙しさにかまけて

自分以外の人を優先することもよくないです

 

自分らしさや

本当に自分がやりたいこと

好きなこと、心地いいことが

どんどんわからなくなって

いってしまいますし

世の中の溢れる情報に翻弄されて

本当に自分に必要なものが

みえなくなってしまいます。

 

人と比べないこと

自分らしさを大切にすること

本当に自分がやりたいことに正直になること

好きなこと、心地いいライフスタイルを

楽しむことなどが大切です。

 

わたしはつい頑張ってしまいがちで

肩に力が入ってしまうので要注意です。

 

だから今は決してがんはりすぎずに

ゆったりと心地よい働き方を追求しています。

それが自分のライフスタイルです。

 

 

私は離婚したときに

自立して一人で立てるようになろう!

 

そして自分に足りないすべてを

サロン経営を通して学んで成長しようと

とても必至で頑張りました

 

ビジネスで成功することで

自分の価値を見出そうとしていたんです。

つい最近までの話です。

 

でも実はスピリチュアル的に見た

わたしにとってのサロン経営には

まったく違う学びの側面がありました。

 

ビジネスで成功を収めることが

真の目的ではなくて

自分で考えて自分で決めて行動することや

自己責任、自由意志などを

学ぶということを通して

 

自分の一つ一つの

チャクラのエネルギーを認識して

そのエネルギーを所有することの

学びであるみたいです。

 

霊的に成長することが

魂の目的だったみたい。

 

それを知ってから

肩の力がすーっと抜けました。

 

まだ見ない未来への心配や頑張るのを止めました。

今ここを大切にして楽しむことに意識をむけること

自分を大切にすること 自分らしさを大切にすること

この辺に意識を向けて

 

そしたらなんだか24時間

集客とかマーケティングやらと

サロンの経営のことを考えていた頃より

売り上げが上がりました。

 

そして今では週休3日です♪

 

 

きっと皆さんにも

目に見える悩みや苦しみや

物質的な豊かさを求める側面には

何かしら霊的に成長するための

プログラムがあるかもしれないですよね。

 

スピリチュアルに生きるって

本当の自分を生きるってことかなと思う。

 

本当の自分で生きることに向き合えば

いろんなことがスムーズに流れていくみたい

 

わたしはよく

グランディングをしなさい

抵抗をやめなさい 肩の力を抜きなさい

恐れや不安をもってはだめ

ゆだねなさいといわれます。

 

物質社会というか

現代社会で生きていると

そういう当たり前のことが

一番難しいですけどね…。

 

自分らしいライフスタイルだけは

だれにも邪魔させません。