未経験40歳からのエステサロン開業

以前「2回目の思春期と…」

という記事を書いたのですが

 

スイスの精神科医で心理療法家であった

カール・グスタフ・ユングは

中年期において人は大切な人生の転換期を

経験するといっています。

 

私自身も経験がありますし

これまで2500名以上のお客さまと関わる中でも

やはり40代特有のモヤモヤした

思春期のような変容期で悩んでいる

女性をたくさん見てきました。

 

「今までの生き方で本当によいのだろうか?」

 

「今まで体験できなかった

もう一つの自分の人生を実現したい!」

「人生にやり残しを作りたくない…」

 

「本当にこのままでいいの?」

そんな自分の心の声に戸惑いながら

もがき苦しみながら自分らしい生き方に折り合いをつける

そんな40代の女性はとっても多い気がします。

 

その中の選択肢の人つとして

「起業」を目指す人は少なくない気がしています。

 

今回の生徒さんもその一人です。

ルミさん

全くの素人からエステサロンを開きたいと思った

この嶋田留美さんは

 

一度の人生

自分の素質・資質を最大限に活かしきって

何か自分だけのビジネスをしたい…

と考えているうちに

可能性としてエステサロンが

選択肢の一つに上がったというタイプです。

 

そういう方はきっとうまくいくタイプだと思います。

 

エステサロンの運営は

施術者としての自分と

経営者としてのバランスや切り替えが

必要なので

 

「好きだから」「やりたいから」だけでなく

冷静に自分の素質・資質を見抜いて

いくつかの選択肢の中から

エステサロン経営を選んだというあたりからして

なかなか凄いと思います。