閉経後のおりものの変化に注意

閉経によって

生理がなくなって楽になった~と

喜ぶかたもいらっしゃいますが

 

身体のいたるところで機能していた

エストロゲンの分泌がほとんどなくなってしまうと

身体のあらゆるところに影響が出ます。

 

閉経で生理がなくなればそれで終わりではなく

むしろ閉経後の方が自分の身体の異変を

敏感に察知していく必要があります。

 

おりものはその目安にもなるので、

正しい知識を身に付けておきましょう。

 

先日の検査ではひさびさの内診で

おりものの量も、膣とても健康で若いと

いってもらえて安心しました。

 

これも女性ホルモン補充療法のおかげです。

 

閉経するとおりものの量が減る

初潮を迎えたころから

エストロゲンの分泌が始まり、

おりものの量も少しずつ増えてきます。

 

20~30代は妊娠に向けて身体が変化する時期なので、

エストロゲンもおりものの分泌もピークに。

 

卵巣機能が衰えてくる40代になると、

女性ホルモンの分泌量もおりものも減ってきます。

 

閉経して2~3年たつころには、

女性ホルモンはほとんど分泌されなくなり、

おりものが出ることもまれになるそうです。

 

そもそもおりものは年齢に関係なく

女性にとってみれば

下着を汚してしまうことや、

ニオイが気になるとか嫌なイメージや

マイナスイメージが先行しがちですが、

おりものは膣の中をきれいな状態に維持する

自浄作用があります。

 

おりものが少なくなるということは

そのほんらいの自浄作用が低下するため

自力で膣内を清潔に保つことが難しくなり

雑菌などに侵されやすい状態になります。

 

この雑菌が増殖しすぎると、膣内で炎症を起こし

「膣炎」になることがありますので注意が必要です。

 

 

閉経後におりものが増えた場合は注意

閉経しておりものが減ってしまい

ほとんど出ることがばくなってしまうのが

普通ですが

 

逆に閉経してからおりものが増えた場合には、

体に異変が起きていると考えたほうがよいです。

 

萎縮性膣炎や老人性膣炎など、

雑菌や病原菌によって

膣に炎症が起きている疑いがあります。

 

また、腫瘍をはじめとした病気を

発症している恐れもあります。

 

膣炎でおりものが増えているわけではなく、

膣壁からの膿(うみ)である可能性もあります。

 

おりものの量が減ると、

膣内の自浄作用が弱まるため、

感染症にかかりやすくなります。

 

閉経後におりものが増えた場合には、

早めに婦人科を受診しましょう。