わたしの赤裸々女性ホルモン値

今年53歳になりました。

 

汗が止まりにくかったり

身体の中に熱がこもっているような

顔が熱いような感覚があったり

トイレが近くなったような感覚や

朝とくに肩こり、腰痛、手指のこわばり

肌が乾燥そうして敏感になったり

まーいろいろ言えば普通にありますが

 

そういうのが更年期の症状だったら

どうなの?って思って

 

先日自分の女性ホルモン(エストロゲン)の値を

はかってきました。

 

見た目は若いといわれている私ですが…(笑)

そんな淡い期待は完全に裏切られました。

 

 

この数時から読み取れることは

卵巣の機能が弱まり

女性ホルモンがほとんど作られていない状態。

 

そして脳の下垂体からは卵巣に対して

女性ホルモンをもっと作れ!と

命令(卵胞刺激ホルモン)がたくさんでている状態

 

いくら脳からの指令であっても

卵巣はもう「作れません~(泣)」って

「いや作らないとやばいでしょ!」というせめぎ合いに

身体は完全にエラーが起きている状態です。

 

そのために上記のような

自律神経系などの症状がでてきている

という感じです。