わたしのモチベーションの高め方

自分に老化を感じた時に

その受けとめ方というのは

人によって全く違うと思いますが

タイプとしては下記のように分けられるみたいよ。

 

1、「老け」を前向きにとらえるタイプ

老けた自分に動じずに、そんな自分を楽しもう

と前向きにとらえる楽天タイプ

 

2、「老け」をあきらめるタイプ

老けたな~と感じたとき

年齢や体の仕組みには逆らえない…と

あきらめて流れに身を任せる無抵抗タイプ

 

3、「老け」を気にして、何とかリカバリーしようとするタイプ

老けたなと感じたら、

真っ先にお手入れを開始!

健康も美容の知識もすぐに取りれて

まわりにアドバイスを出来るほどに…

でも自分が老けることに恐れを抱きやすく

老けていく自分を見ないようにする一面も

 

4、自分は「老けることはない」と現実逃避するタイプ

いつみても自分は若いなー、

変わらないなーっと

思いこむところがあり

若い人のファッションをそのまま着てみたり

言動と見た目に大きなギャップが生まれて

違和感のある存在になりがち

 

というタイプ分けが出来るらしい

自分はどのタイプだろう?って考えてみたけど

どれでもなかった(笑)

あえていうなら1と3の複合タイプかな?

 

730418464f9c7315d66dd2d92a30aa441f76924d

 

わたしも確か…52歳になり(笑)

時々自分の年齢忘れるよね…

 

いろいろな体の変化を

感じるこの頃ですが

やりたいことや挑戦したいことが

若い時より明確になってきて

たくさんたくさんあるので

 

それを少しでも実現するためにも

健康な体と精神が一番大事と

切実に思っているの

 

だから50歳の時から

身体の弱いところを強化するため

パーソナルトレーニングはじめたよ

 

似合う色やデザインの服を着ることや

背筋をしゃんと伸ばすこと

ヘアスタイルや髪の健康状態

肌の状態をいつもベストな状態にしていたい

という気持ちは高い方だと思う

 

あくまでも自分なりの満足レベルだけどね(笑)

 

それは

何をするにも心地よく楽しくできるように

モチベーションを上げておくためなの。

 

やる気が揺らぎやすい

デリケートなタイプだということを

自分が一番分かっているので(笑)

 

例えば…

肌が荒れていると

モチベーション下がるとか

ヘアスタイルが決まらないと

一日ずっと気になって集中できないとか(笑)

 

決して完璧主義ではないとおもう

でもエクステが取れかかっていると

気分が滅入る…そういうことありません?

 

モチベーションに

影響を与える部分は

ちゃんとしておきたいって思うの

 

ベストな状態で好きな仕事に、勉強に

全力投球できるようにという感じ

すごい!まるでアスリートじゃん(笑)

 

そのための自分のメンテナンスは

とっても大事と考えているわたしです

 

やっぱり5年後も10年後も

仕事をバリバリしていたいし

 

遊びも仕事も勉強も気持ちよく楽しみたいし

いつもベストなパフォーマンスを発揮したいし

だって気持ちいいじゃないですか?

その方が、だから♪

 

若い時はそこまで意識しなかったけど

最近歳を重ねて来たら

そんなことを特にとくに

意識するようになったのは確か

 

それだけ心と身体のバランスをとるのが

難しくなってきたという

事なんだろうね

 

そんなことでモチベーションを

コントロールしている私です

 

お恥ずかしい話ですが。