ストレスでニキビが増えるって本当?原因はストレスでホルモンのバランスが乱れるから。

突然大人になってから大きなニキビが出てきて

悩まれている方は少なくないです。

以前にも30代後半のお客さまで

結婚式を控えているのに

数か月前からアゴを中心に

大きなニキビが大量に出てきて

ニキビで有名なクリニックを

何件もハシゴしたけど治らなくて

「たすけて~」と駆け込んできた方が

いらっしゃいました。

 

うちのサロンにたどり着いたときには

もう結婚式までは残り一か月を切っている状態で

残念ながら完全に改善するということはできませんでした。

 

結婚式の約一か月後に

彼女から旦那様との2ショット写真と

メッセージが届きました。

内容はというと…

 

その節は大変ありがとうございました。

結婚式は無事に滞りなく済ませることができました。

当日のメイクはニキビが見えないくらいの厚化粧で(笑)

しかも結婚式を終えたら嘘のようにニキビは消えてゆき

今は肌はとてもいい状態で回復に向かっています。

自覚は全くありませんでしたが

挙式に対してストレスがかかっていたんですね。

今となっては笑えます。

 

という内容でした。

ストレスって本人がに自覚がないほどややこしいですね。

 

この場合は結婚式に対してのプレッシャーが

確かにストレスになったけれど

それが原因でニキビになってしまったこと自体が

メインのストレスになってしまい

悪循環のスパイラルに陥ってしまったパターンです。

 

ストレスは脳の視床下部で認知されると

身体の活動を活発にしてストレス状態と戦おうために必要な

コルチゾールというホルモンを分泌します。

 

それを受けて自律神経もホルモンも

免疫系も戦うスイッチONになります。

つまり体の中は食欲も感情も感覚もバリバリで

寝ないでストレスと戦う気満々で興奮状態

みたいな状態になっているんです。

 

厄介なのは実はこの視床下部には

女性ホルモンのコントロールタワーもあるのです。

だからいっしょに影響を受けて

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうんです。

 

ホルモンバランスの乱れは

肌のコンディションに必ず影響を与えます。

保湿力が弱まり、バリア機能は低下、

皮脂の分泌の乱れ、角質の肥厚など

ターンオーバーにも影響して

ニキビに良くない条件のオンパレード

 

それは男性ホルモンに働きに少し似た

黄体ホルモンにも関係していて

男性でいうところのヒゲのはえる場所に

ニキビが多く出るというのもそのためです。

 

これは余談ですが…

身体心理学に基づくお話ですが

人って我慢やストレスや感情を抑圧していると

その抑圧しているエネルギーを

皮膚を通して表出させるといわれています。

 

特に他人から見える場所

つまり顔など外側に出ている部位を通して

肌荒れとかニキビという形で

自分以外の他人に自分の大変さを表現して

無意識に理解してもらおうとしているらしいです。

 

だからストレスや抱えている感情は

素直にそとに発散させるべきだし

ストレスを感じていない人こそ

抑圧している感情に気づいてあげること

自分に寄り添ってあげることが大事です。

 

弱音や愚痴を吐いたり

ネガティブんなことは言いたくないという人ほど

どこかでこもったエネルギーを外に開放してくださいね。

お手伝いができたら幸いです。