攻めのスキンケア、守りのスキンケア

みなさまお肌の調子はいかがですか?

体調は崩していませんか?

委縮した生活でストレスたまっていませんか?

心の疲れは免疫力やお肌の調子に影響します。

 

以前こんなことがありました。

ビタミンレベル3番まで順調にステップアップして

安定した使用を続けていた50代のお客さまが

急にレチノイド反応でほっぺが真っ赤になり

かゆみも出てしまいました。

 

ヒアリングしたら

引っ越しをきっかけに

肌の調子が悪くなったということが判明

しばらく落ち着くまで

デリケートシリーズで対応していただきました。

落ち着くまで3か月もかかりました。

 

80代の私の母も以前

インフルエンザに罹ったのをきっかけに

レチノイド反応をぶり返して

ほほが真っ赤になりました

始めはマスクかぶれかなと思っていたけど

あまりにも長びき悪化してくるので

しばらくの間はデリケートシリーズに

変更したことがありました。

しばらくしてお肌が安定してからは

戻のビタミンAレベルの戻しました。

 

何かをきっかけに

一時的にデリケートになってしまうこともあるし

年齢とともにデリケートになっていくこともあるし

ストレスでデリケートになってしまうこともあるし

肌は身体の抵抗力や心の状態と

密接に繋がっています。

 

現在わたしも長びくコロナストレスにより

精神的な疲れが出てきていると感じたので

レベルを4から3にダウンしています。

 

心の疲れ、体調と肌と抵抗力は

切ってもきれない相関関係がありますので

身体や心が疲れているなと感じるときは

お肌の様子をみて

レベルダウンしてお肌の様子を見るのは必要です

 

いつも攻めのスキンケアではなく

守りのスキンケアの時も必要です。

 

まずは自分をいたわるということを大事に

じっくりお肌と対話しながら

現在の肌と心の状態にあった成分や濃度の

アイテムを選ぶ。

それが本当のスキンケアだと思っています。