感想:久しぶりのエステ。施術が必要だと実感した。

緊急事態宣言で

ずっと不要不急の外出を控えていた

40代後半の常連のお客さまが

2か月ぶりにエステを受けにいらっしゃって

次の日こんなうれしいメッセージを

送ってくださいました。

 

わたしにとっても本当にうれしいメッセージ。

だって…

「不要不急の外出」とい位置づけで休業要請がでたとき

「そうか…エステは人にとっては不要なものなんだよね…

コロナの影響で世の中の価値観が

徐々に変わりつつあるこの時代に

エステは真っ先に淘汰される職業なのかもしれないなぁ…

この先どうやって生きていこう。」

なんて一瞬ひるんだときもありました。

 

でもこのようにお肌が元気になることで

こころも癒されて元気になって

明日の活力になったり

お仕事のストレス解消になったり

またいつまで続くかわからない

この長いトンネルに入ったような生活の中で

「またがんばろう!」「すっきりしたー」

といっていただけること

本当に私にとっては心の支えで

生きがいです。

 

緊急事態宣言が解除になって

警戒が緩和の傾向にありますが

決してウイルスがなくなってしまったわけではない

そのことをいつも忘れずに

衛生管理には徹底して気を配って

 

でも以前とかわらず

ひとりひとりの女性が自分らしく自立して

美しくしなやかに生きるためのお手伝いのために

心を込めて施術させていただきたいと

改めておもいました。

 

これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。