他人の評価で自分の価値を決めないで

どんなに美しい人でも、

年齢を重ねると身体は変化します。

そしてお肌も同じように老化していきます。

 

子供の頃から「美人」とか

「肌がキレイ」と称賛されてきた人ほど

美しさへのこだわりが強くて

老化によって起こるお顔やお肌の変化で

自身の価値を低く評価してしまう

傾向があるように思います。

 

まわりからの褒め言葉が少なくなると

不安になってしまい

まるで自分が価値のない人間のように

思えてくるようです。

 

今までなかったシミやシワが気になって

それを少しでもうすくしたい・・・って思うのは

幼稚なことでもないし

恥ずかしいことでもないとは思います。

 

いつまでも綺麗でいたいと思うのは

女性なら当然のことですもんね。

 

でも他人の評価で自分の価値を

決めないで欲しいです。

 

老化によって起こる顔や肌の変化

出来なくなってしまったことを理解して、

それを過大評価も過小評価もすることなく

そのまんめ認めた上で

加齢で変化していく自分の身体と肌を

否定しないで受け入れて行きましょう。

 

受け入れて好きになってください。

 

他人の評価に一喜一憂することない

そんな自分の美しさの基準をもちましょう。

 

過去の自分や他の人と比べずに

今の自分をたいせつにするって事が

大事なのだと思います。