治りにくいニキビの跡ー赤みを帯びたニキビ跡編

ニキビは美肌の大敵ですが

ニキビと同様に厄介なのは

そのニキビが治った後の

赤みやシミのような黒ずみですよね。

 

すっきりきれいに治るまでは

時間がかかるだけでなく…

 

治るならまだしも‥

そのままシミになってしまうこともあるので

ホントに悲しいですよね。

 

どうしてそんなことになるのか

その原因と対策を確認しておきましょう。

 

赤みを帯びたニキビ跡の原因

赤いニキビができると

アクネ菌による炎症が起こって

皮膚細胞が傷つきます。

 

すると傷を治そうとして

多くの毛細血管が作られて患部に密集します。

 

その血管は細胞の修復のために開くために

血液の色が皮膚から透けて赤く見えます。

これが赤みの原因です。

 

赤黒いニキビ跡の場合

 

傷を治そうと毛細血管が作られて

患部に密集してきて

同時に血液も沢山集まって来ます。

 

その血液の赤い色素(ヘモグロビン)が

皮膚に沈着している場所と時間の違いによって

ニキビ跡が赤く見える場合と

赤黒く見える場合があります。

ヘモグロビンが表皮や真皮の

浅い層にある時は赤く見えます。

 

ヘモグロビンが真皮層の

やや深い層にあると

赤紫色~青~赤黒っぽく

色が濃くなって見えます。

 

また、ヘモグロビンは

酸素が結び付いている状態では赤色ですが

酸化されると赤紫~青~赤黒く

見えるようになります。

 

赤みが改善するのに時間がかかるのはなぜ?

 

このような赤っぽい跡は

炎症が治まれば時間の経過とともに

改善されるのが一般的ですが

 

大きなニキビや奥にこもったニキビは、

炎症が真皮層まで及んでいて

毛細血管の退縮が遅くなったり、

真皮層まで赤血球が漏れ出てしまい

血液中のヘモグロビン(赤い色素)が

皮膚の奥に沈着してしまいます。

 

真皮層は表皮のように

毎日生まれ変わるターンオーバーはありません

新陳代謝はしているのですが

非常にゆっくりで 5~6年、

もしくはそれ以上の周期のため、

何年も赤~赤黒いニキビ跡が

残ってしまっているケースがあります。

 

例えば肌の表面にペンで落書きをして

全く洗わなくても

ペンは勝手に消えてしまいます。

 

それは毎日角質が垢となって

剥がれ落ちている証拠です。

 

でも、刺青のように

より深い真皮に色を入れた場合

ターンオーバーがほとんどないので

刺青は自然には消えませんよね

その原理と同じです。

 

真皮の細胞の生まれ変わりは

表皮のターンオーバーに比べて

とっても遅いんです。

 

早くきれいに改善するためには

 

新陳代謝が落ちている方は

ターンオーバー(細胞の生まれ変り)が遅く

ヘモグロビンが沈着しやすいです。

 

肌の細胞の生まれ変わりを促進するための

お手入れが必要になります。

 

ピーリングで古い角質を取り除いたり

ビタミンA(レチノール誘導体)で

ターンオーバーを促進することで

古い細胞と一緒に

ヘモグロビンを皮膚の外に排泄させ

皮膚の色むらを早く改善させましょう。

 

真皮層のヘモグロビンの沈着解消には

 

真皮層にあるヘモグロビンは

真皮層のゴミを綺麗にお掃除する

マクロファージという大食細胞を元気にして

真皮層の新陳代謝を促進することが必要です。

 

そのためには適度な運動

栄養バランスを考えた食事

ストレスの緩和

充分な睡眠は不可欠が必要ですよ!

 

あとは代謝を促進する栄養素を補うこと!

 

おすすめは

ビタミンA+C+E+ミネラル+ビオチン

効果大です。

皮膚の外から真皮層に

これらの成分を届けるのは難しいので

サプリメントを活用して

内側から真皮層の新陳代謝を促進する

インナーケアがおすすめです。