「40代前半かと思っていました。」と言われました。

先日、常連のお客さまに

改めて年齢をお話しする機会があって

実年齢(55歳)をお伝えすると

本当にびっくりした様子で

「40代前半だと思っていた」と

おっしゃっていただきました。

実は閉経を迎えた3年前から

HRT(女性ホルモン補充療法)をしていると

お伝えすると

すごく興味を持っていただき

熱心にお話し聞いてくださいました。

 

45歳を過ぎるころから

女性ホルモンが減ってくると

お肌の弾力や瑞々しさが低下するだけでなく

病気のリスクも高くなります。

 

骨粗しょう症、動脈硬化、リウマチなど

様々な病気のリスクが高まります。

見た目の若さも大切かもしれないけど

病気のリスクをもっと減らして

いつまでも健康で過ごしたいですよね。

人生100年の時代ですものね。

 

そしてもちろんいつまでも女性らしさも

持ち続けていたいです。

 

まだまだ仕事も恋愛も学びもすべて楽しみたいですから。