「アンチ」アンチエイジングから自愛へ

アンチエイジング

スローエイジング

ナチュラルエイジング

いろいろありますが…

 

アンチエイジングって言葉だけは

あまり好きではなかったわたし

 

だって…なんだか若さに執着するような

老化に抗うような不自然なイメージを持っていたから

 

でもここ数年で

特に50歳を超えたあたりから

わたしの中のアンチエイジングの概念が

ガラリと変わりました。

 

アンチエイジングの

若さに執着したり老化に抗うという印象が

自分を大切にすること、自愛すること

生活の質を高くするのだという

そんなポジティブな印象に

変化していっています。

 

 

老化とは生物学にいうと

身体が成熟した後に死に至るまでの

衰退のプロセスを言うのだそうです。

 

医学的にみた本来の

「アンチエイジング」とは

人の成長が止まった後

見た目の老化現象とともに

急激に落ちていく身体の機能の

エイジング曲線を元に戻すのではなく

少しでもゆるくすることなのだそうです。

 

 

例えば暦年齢は80歳だけど

身体的な機能は60歳を保つ

そんなイメージです。

 

 

わたしも50歳を過ぎた頃から

40代には想像もしてないほどのスピードで

身体の変化を感じました。

 

エイジングによって見た目や体力が落ちて

今までの当たり前が当たり前でなくなるということを

体験したときはとても寂しいものです。

 

そんなことを実感するようになった

わたしにとっても

アンチエイジングによって

衰えるスピードを緩やかにできるというのは

希望と勇気となります(笑)

 

身体は魂の乗り物だと

スピリチュアルの先生が言っていたけど

それを深く思いかえしたりして

 

自分をここまで運んできてくれた体に感謝して

まだまだこれからもわがままなわたしに付き合って

いろいろなところに運んでもらわなければならないので

 

もっと

自愛しよう♡ いたわろう♡

メンテナンスしよう♡と思ったのです。

 

アンチエイジングは自愛なのです。