レンカが提案する若肌を育てるトリートメント

レンカが求める理想的な若肌の条件は

①不要な角質が残っていないこと

②表皮の生まれ変わりがスムーズでふっくら厚みがあること

③真皮層がふっくらとしていて弾力があることです。

 

紫外線や加齢によりこの3つの力は

どんどん失われてしまいます。

 

レンカはこの3つの働きをサポートしてあげることが

お肌を輝かせる理想的なスキンケアと考え

技術や成分に徹底的にこだわっています。

不要な角質を取り除く

肌表面に古い角質が残っていると

クスミやニキビなど様々なトラブルを招きます。

すべての肌トラブルの原因は角質層にある

といわれるほど角質層のコンディションを整えることは重要です。

 

でもジェルやゴマージュやスクラブのように

物理的にこすって落とすような

刺激の強いピーリングでは逆に角質が傷つき

乾燥、肌荒れ、角質が硬くなったりシミを作ったりします。

 

レンカは不要な角質だけをマイルドに取り除く

酸のピーリングを選びました。

 

乳酸にはターンオーバーを正常化して

化粧品の浸透・効果を最大限に高める働きだけでなく

保湿効果、美白効果などもあり

理想的な角質ケアができます。

 

 

表皮細胞の生まれ変わりを助ける

表皮に厚みがないと

肌のバリア機能が正常に保たれなくなり

肌を支える土台が弱まってしまいます。

すると乾燥・紫外線などの様々なダメージに

肌は対応することができなくなり

あらゆるトラブルや老化が加速します。

 

レチノール誘導体(ビタミンA)

表皮細胞増殖因子(EGF)

ペプチドを表皮に貯蓄することで

さまざまなダメージを受けて傷ついた細胞を補修力を高めて

ふっくらとした厚い健康な土台を育てます。

 

真皮層のコラーゲンを増やす

シワやたるみのない若々しい肌は

真皮層で網状に張り巡らされた

コラーゲンの弾力に支えられています。

コラーゲンは年齢とともに減少

肌のハリを保ち続けるためには

加齢で減少する分を補う新たなコラーゲンが必要です。

 

真皮層のコラーゲンなどの弾力繊維は

繊維芽細胞という細胞が生み出します。

 

つまりコラーゲンを増やすためには

繊維芽細胞を増やすことなんです。

 

レンカは自らがコラーゲンを生成するために必要な

繊維芽細胞増殖因子、ペプチド、ビタミンA

真皮層まで届けることで

たるみや小ジワなどの悩みを解決していきます。