シミ…。手遅れになる前に。

バナナの皮の黒点は

人の皮膚のシミ

同じメカニズムで発生します。

バナナの皮に含まれる物質が

紫外線・活性酸素のダメージで

酸化されて黒く変色してしまうんです。

 

こんな実験があります!

吉川病院の形成外科の川添先生が行った実験です。

 

①ビタミンAだけ塗りました。

②何も塗らない

③ビタミンAと日焼け止めを塗ってさらにアルミホイルで100%遮光

④日焼け止めを塗ってさらにアルミホイルで100%遮光

 

6日診察室の窓辺に放置…

その結果は!?

①もともと傷んだところを除けば紫外線にあたってもキレイなままでした。

②紫外線の影響でシミ状の黒点がたくさんでてきました。

③すこし黒点が表れました

④とても良い結果です

 

結論は?

ビタミンAを塗っていると

紫外線の有無にかかわらず

キレイが保てる!

 

手遅れになる前に…

黒くなってしまったバナナの皮を

もとに戻すのがとても難しいことは

簡単に想像できると思います。

 

治療には痛みや手間、時間やコストがかかり、

バナナの皮をもとに戻すごとくとても大変です。

 

治療の大変さを考えても、やはり一番大切なのは、

シミ・シワを作らないこと=“予防すること”です。

と川添先生ももうしております。

 

予防のためにもエンビロンAケアで

「将来へのビタミンA貯金」を

していくことがおすすめです。

 

定期的なサロンケアと

自宅のビタミンAケアが

いつまでも健康で

若々しいお肌を保つための

秘訣なんです!

 

ビタミンAは肌を美しく保つ鍵!

いかに肌にビタミンAが

貯えられているかがポイントです

 

今日から始めませんか?

ビタミンAの貯蓄。

あなたの未来のお肌が変わります。