肩凝りや首の違和感ありませんか?

先日ぴったんこカンカンで

女優の米倉涼子さんが

オーダーメイド枕で有名な

〇野辺の〇〇整形外科をおとづれて

自分にピッタリの枕を作る…

という企画をやっているのを偶然みました。

 

わたしも伺ったことがあるので

興味深く拝見…

 

 

 

わたしも41歳くらいから

朝起きると寝るまえより肩こりが悪化していたり

首に違和感があってよく眠れなかったりとか

慢性的な症状で悩んでいて

 

整形外科に行って検査をしたり

鎮痛剤や筋弛緩剤をもらったり

整体マッサージを受けたりして

 

でも、全然改善しなくて

枕をオーダーメイドで作ってもらったり

それでもダメで自分で枕を作ったり

いいという口コミを見つけては

枕を買い替えるという

枕ジプシーとマットレスジプシーを

つい先月まで10年あまりの間していました

 

夜な夜な本当に苦しかったです

 

でも…

HRT 女性ホルモン補充療法を始めたら

あの枕の苦しみから

あっけなく開放されてしまいました。

 

 

今はどんな枕でも

どんな所でも寝れます(笑)

首なんて痛くないし違和感全くないです。

 

 

枕の高さや硬さの微々たる変化くらいで

健康を害してしまうほど

人間はヤワじゃないんですよね(笑)

 

そんなっことも知らず

大金を叩いて寝具ジプシーしていたし

薬だシップだマッサージにもいかなくちゃと

凄い時間と労力を費やしていました。

 

 

HRT補充療法を初めて見て良くわかった!

41歳から続いた、あの苦しみは

プレ更年期の症状だったのですよね。

 

そのう本格的な更年期の入るのですが

誰も肩こりや首の違和感や不眠が

女性ホルモンが減ってくるために

起こる事とは考えてもいませんでした。

 

まぁ~わかったとしても認めたくない(笑)

そんな方のほうが多いかも知れませんね。

 

 

でも

もし整形外科と婦人科の連携がとれていたら

鎮痛消炎剤も筋肉弛緩剤もシップも

マッサージや整体に通うことも

必要なかった…

 

枕も何十個も買わなくても

安眠が手に入ったのに…

 

もっと早く自分の体に向き合えたのに

そう思います。

 

最近義務化になったストレスチェックって

女性にとっては何の役にも立たないですよね

 

ウツ患者のあぶりだしより先に

見つけたいのはプレ更年期…

健康診断に女性ホルモンチェックも加わったら

女性はもっと健康でしあわせになると思うのになぁ

と思う今日この頃です。