まずは自分から。

大切な人に対するプラスの感情が

なんだか切れかかっているみたいな感覚を

感じたことありませんか?

 

「永遠」って思っていた心の泉に

水がない…枯れそうになってる…

そんな感覚

 

疲れた 寂しい 愛されたい…

言葉にはならない

はっきりと意識にも上がってこないけれど

「イライラ、モヤモヤ、漠然とした不安」

そんな感覚に襲われるかもしれません。

 

自分の内側に愛のタンクが

枯れそうになっていると

もしかしたら子供に対しても

「~しなければならない…」というように

愛が義務感になっている

自分に気づくかもしれません。

 

愛って…義務で与えたり

頑張って与えるものではなくて

自分の内側が自分の愛で満たされているときに

無意識に内側から外側にへと

ダダ漏れてくものらしいのです…

とってもとっても自然なものなのだそうです

 

 

心理学や脳科学やスピリチュアルでは

仕事や家庭などの人間関係において

自分以外の他者(夫や子供を含む)を優先にして

自分の事を後回しに生きていると

 

自分の大切なものが

失われてしまった感覚や

自分が何者なのかが

何をしたいのかもわからない感覚が

出てくるといわれています。

 

そんな風になったら

自分の内面の愛のタンクが

枯れそうになっていると思ってください

 

まずは自分がとても疲れていること

自分の内側の愛の泉が

枯れかかっていることを自覚して

 

自分自身に愛をたっぷり与えることが

とっても大切なことです

 

愛が枯渇していて

「愛して欲しい」「気づいて欲しい」と

自分以外の人にそれを求めるようになると

 

カマってちゃんになってしまい

ウザがられたり 重いと思われてしまうし

なんの解決にはならないみたい

 

自分の内側の愛の泉は

他人が満タン単にしてくれるものではなく

自分自身が自分の事を愛しているという感覚や

心地よいという感覚、

自分に対する信頼感がもたらすものです。

 

癒しも愛も、

まずは自分から与えてあげましょう♥

 

自分自身の内側のタンクが満たされると

自然に愛がダダ漏れて

無意識に周りの人を幸せにすることができるものです。

 

なんかあの人のそばいいるだけで

安心するな~とか

話しただけでホンワカする人って

いるじゃないですか?

そんな人って自分を

大切にすることを知っている人です。

 

簡単に自分を愛で満たすには

自分が心地よいと思うことを

自分にプレゼントしてあげたり

大好きなものを食べたりして

自分をねぎらうことや

 

愛する人や大切な人にやってあげたいと思うことを

自分にたくさん与えてあげるということが効果があります。

 

愛もいやしも、まずは自分から…

 

ためしてみてください。