50代になると見た目年齢に10~15歳の差がでます

トラブル肌専門サロンのレンカには

老化によるシワ・たるみ・しみなどで

お悩みのご新規様がたくさんいらっしゃいます。

 

50代の方が最近は一番多いかな?

 

50代ともなれば、客観的に見ても

見た目年齢に10~15歳くらいの差があります。

これは本当にびっくりします!

 

その原因はやはり紫外線です。

 

紫外線による老化は

これまで浴びてきた紫外線の蓄積によるもの…

 

うまれてから今まで浴びて来た

紫外線の蓄積によって起こりますので

育った環境などで個人差が出るのは否めません。

 

秋田などお肌のキレイな方が多い地域は

日照時間が少ない土地の方が多いですよね

 

自分の体のなかで紫外線が良く当たる

顔や手の甲といった部分と二の腕の内側など

ほとんど日の光にあたらない部分の皮膚とを

比べてみてください。

 

肌の白さや肌触りが全然違うと思います。

 

 

ちょうどあたしたち55歳前後の方は

小麦色の健康的な肌が

美しいとされてきた年代だし

 

今のように皮膚ガンや

紫外線による肌老化への影響など

全く気にしていない時代です

 

こどもの頃から無防備に

紫外線を浴び放題だった方も多いんですよね

 

現代では赤ちゃん用の

日焼け止めも存在しますし

 

保育園や幼稚園の先生が

子供たちに日焼け止めクリームを

塗る時代ですものね。

 

 

南アフリカの医師フェルナンデスは…

 

ちなみに南アフリカの首都ケープタウンは

世界ではじめて心臓の移植手術を行った

医療の先進国です。

 

紫外線をたくさん浴びた皮膚の細胞には

「ビタミンA」が足りなくなっていること

健康な肌には「ビタミンA」が満ち足りてること

を発見しました。

 

それから25年

ビタミンAを入れて化粧品を作るのは無理と

言われ続けていたものを

 

肌にしっかり届ける技術を開発

紫外線によって衰えてしまった肌を

復活させるプログラムを完成させました。

 

それがレンカの光老化のためにメニューです。

足りなくなってしまった「ビタミンA」を

お肌にたっぷり与えて

老化してしまった肌を復活させるという

プログラムです。

 

今は春のうららかキャンペーンっ実施中で

ビタミンAをお肌にたっぷり与えるメニューが

体験できますので是非お試しください。

 

キレイになるのは何歳になっても

遅いということはないです。

 

いつまでも美しくいたいという気持ちと

手間や時間をかけた分だけ

女性は美しく歳を重ねられます。