運命を変える

私は昔・・・と言っても数年前までは

自分の人生は自分自信が作り出している

という概念がありませんでした。

人生っていうのは「運命」と

いわれるようなもので

もうすでに決まっているモノ

なんだと思っていました。

 

そのためあまり積極的にことを起こしたり

自分で大きな決断をしたりもせずに

強いエネルギーの流れに身を任せて

生きて来た傾向があります。

 

だから自分には何もできない、

人生はつまらない、

というイメージをいつも

持っていたような記憶があります

 

そんな私が離婚後になりますが

世界屈指の透視ヒーラー

レバナ・シェル・ブドラ先生とお会いして

 

「あなたはまだ人生の醍醐味を

知らないようですね…

自分の人生は自分自身で

創造するものですよ 笑」

とにっこり笑いました。

目からうろこが落ちました。

 

そのあと交流分析という心理学に出会って

「自分の運命は自分で決めて、

そしてその決断を自分でいつでも

変えることができる。」

という哲学を学び さらに勇気を・・・

 

わたしは40歳もだいぶ過ぎてから初めて

これからは、いつも自分を感じて生きよう!

自分で決断して、その決断の責任を

自分が取ろう!っ決めました。

 

すごく怖いです!

失敗するんじゃないかと…

 

でもだんだんその感覚を

つかめるようになってきました。

 

そして長い間

人の決断に依存して

自分の人生の責任をとることを

避けて生きて来たから

なんとなく人生が

つまらなかったんだと気づきました

 

今はというと…

本当に生きるのって楽しいです