離婚と自立と起業

わたしの人生の前半では

29歳で結婚して

精神的にも経済的にも

元ダンにすごく依存して生きていました。

 

わたしは結婚するまで親と同居していたこともあり

全然自立の出来ていない女でした

 

それが30歳の後半になると

このままの生活は決して悪くはないけれど…

私ってこのままでいいのかな?

私にはいったい何があるんだろう?

本当は何が出来るのだろう?

と日常に対する物足りなさと充実感のなさに

幾ばくの寂しさを感じて

モヤモヤと過ごしていました。

 

結局、このままなんて無理だ!

何がやりたいのかも知りたいし

何ができるのかも知りたいし

自分さしさも知って自分らしく生きてみたい!

とまるで2回目の思春期がやって来たかのような感覚でした。

 

ついに離婚を決意。

新しいお互いのそれぞれの人生を歩くことになりました。

 

決してすんなり別れられたわけではないし

別れるまでにはいろいろありました。

 

一人で頑張ってみる、一人で生きてみるという

未知の世界が怖くて怖くて足がすくみました。

不安で過呼吸になったこともありました。

 

でもでも大丈夫だった。

 

紆余曲折ありましたが

エステで起業することを決めて

働きながら資格を取って

46歳の夏プライベートサロンレンカを

開きました。

もう8年も前のことです。

 

結婚や離婚を含めて

人生とか生き方っていうのに

正解とか不正解はないと思う今日この頃

 

今思うとたくさん経験するために

ただたくさんの経験を楽しむために

私は生まれてきたんだなぁと思ったります。

 

だから失敗を恐れて経験をしないというのは

私の中ではもうありえないこと。

 

自分で決めて自分で行動して

そしてその結果にはすべて自分自身で責任をとる

その繰り返しにとても充実感と

人生の醍醐味を味わっています。

 

そしてますます幸せな54歳です。

 

これからもどんどん経験したい

そして変化し続けたいと思います。