悩みやコンプレックスがいっぱいだからこそ

わたしは40代後半で

エステシャンになってサロンを開きました。

かなり遅い方だと思います(笑)

 

美容は大好きだし知識も豊富だったけど

顔や肌にたくさんコンプレックスがある

実際…お世辞にも肌のキレイに恵まれているとはいえません。

 

生まれつき色白でキメの細かい人っているじゃないですか?

そんな人がとてもうらやましかったです。

今でもですが…

 

しかも存在がとても地味、

華やかさがないと昔からよく言われていました。

 

なので開業当初は勉強会やイベントに行くと

同業者のベテランのエステオーナーさんに

 

「その肌でよくエステシャンをやる気になったわね」

「地味で華やかさがないからエステシャンとして説得力がないのよね」

「綺麗じゃなくてもエステシャンって出来るんだ~」

など散々嫌味を言われたり、鼻で笑われたりしました

 

確かにエステシャンが色が白くて

キメが細かくてキレイというのは

それだけで説得力もあるし最大の強みになる

 

でもお客様というのは

それだけでサロンを選んでいるのではないのでは?

とわたしは思いました。

 

わたしは、肌のトラブルや

外見のコンプレックスで苦しんでいる人の

気持ちに共感できるし親身になれるし

そもそも接客業をしたことがないので

お世辞や営業トークを言わないイヤ言えない

つまりウソをつけない

そんなことがセラピストとしての

武器になるのかどうかわからないけど

なによりもお客さまと共に

キレイになるプロセスを共有できる

 

そしてこんな汚い私の肌がもしキレイになったら

それは本物の効果のある化粧品だし

本物のスキンケア技術だ!

よし頑張ってそういう化粧品や技術を見つけて

まず私がきれいになって

それを悩んでいる人に伝えしていこう!

と決意したのでした。

 

コンプレックスを強みにして

欠点を輝きに変えるようにがんばってみようって…

思ったのです。

それでモチベーションは上がり

そして今はというと…

肌トラブルや肌質で悩んでいる

たくさんのお客様が来てくださる

サロンになりました。

 

本当ありがたいことです。感謝なことです。

あの時辞めなくて本当によかったと思います。