内側からにじみ出るようなオーラをまとった幸せ肌は、正しいお手入れによるスムーズなターンオーバーと、セロトニン・ドーパミン・オキシトシン・女性ホルモンなどによって作られています。

「美肌ホルモンフェイシャルセラピー」は、これらのホルモンをバランスよく効率よく分泌させるフェイシャルセラピーと、皮膚医学に基づき肌の肌の正常な機能を高めるトリートメントとの相乗効果によって、潤いいっぱいで内側から発光するような幸せ肌をつくる肌セラピーです。

美を連鎖するホルモンを追求したセラピーです。

恋をしている女性は美しいといいますがそれは本当のことです。 せつない片思いから、ドキドキの不倫まで(笑)いろんな恋がありますが、ツヤっぽくてやわらかな女性らしい美しい肌に必要なのは、安心感の得られる両想いです。

この時、オキシトシン・セロトニン・ドーパミン・エンドルフィン・女性ホルモンなどの美の連鎖をうむ脳内ホルモンが分泌されているのです。

肌からと表情筋から脳へ伝える安心感と幸福感で脳内ホルモンが分泌

脳はとても騙されやすい器官なのです。肌という感覚器官を通して安心感や心地よさを伝えることでも、表情筋を通して大脳辺縁系にリラックスした状態を直接伝えることでも、美の連鎖をうむ脳内ホルモンの分泌が促されることが最近の科学で分かってきました。またほめ言葉や自愛やねぎらい、もちろん「ご褒美」のときも、報酬系というシステムにより欲求が満たされることで脳内ホルモンが分泌することが分かっています。

美肌ホルモンセラピーで分泌するホルモン

セロトニン・・・セロトニンとは、心のバランスを整える作用のある別名「幸せホルモン」です。これが不足すると身体・精神の両面に様々な影響を及ぼします。逆に満ち足りていればストレスによる緊張状態を落ち着かせて、極端な心の乱れを安定させます。さらに不定愁訴・冷え性・睡眠障害・更年期障害などの大きな原因になっている自律神経の乱れも整えます。セロトニンは女性ホルモンとの関わりがあることが知られています。せロト二ンの分泌を促すことで女性ホルモンの減少による更年期症状を予防することも期待できます。

ドーパミン・・・ドーパミンは「報酬系」ホルモンと言われるように、喜び、達成、快感、学習能力を味わったり、喜びを感じた時に分泌されるホルモンで、ヤル気を出したり、幸せを感じて日々過ごせるようにしたり、気持ちを前向きにするホルモンです。マッサージでセロトニンと共に分泌されることでドーパミンの過剰分泌を抑えバランスを整えます。

オキシトシン・・・セロトニンと並び重要とされているオキシトシンは、不安やストレスを感じにくく対人関係に積極的になり、他者に対して優しく寛容になる別名「癒しホルモン」「愛情ホルモン」「長寿のホルモン」です。オキシトシンが分泌されていれば¥ストレスに強くなり、肌荒れや老化の原因となるコルチゾールの分泌も抑えてくれます。 体温の上昇、美肌効果、記憶力の回復などの働きもしてくれます。

βーエンドルフィン・・・マッサージはもちろん、しあわせだなと思ったときに出てくるホルモンです。モルヒネの6倍以上の鎮痛効果があるとも言われている脳内麻薬ですが、神経を興奮させて快楽を与えるのではなく、神経を落ち着かせる作用があります。ストレスの緩和、抗酸化機能、毛細血管を広げ血液循環が良くする効果、免疫力をアップさせ病気にかかりにくくするなど老化防止効果があります。

大人の幸せ肌育成はあせらずゆったり育てること

ホルモンバランスを崩しがちな45歳からの大人の肌のエイジングケアには、多角的かつ集中的な攻めのケアが必要。とはいえあせりは禁物。若い時とは違うんです。美肌ホルモンセラピーでホルモンバランスを整えながら、あせらずゆったり内側から潤いのある美しさを育てましょう。